会議の始まりと終わりの司会の挨拶の例文

会議のスタートや終わりで司会がする挨拶の例文を紹介します。

どのような議題でも、大きく変わるところはありませんので、参考にご覧ください。

会議の始まりの挨拶

それでは定刻となりましたので、始めさせていただきます。

皆さん、きょうはお忙しいところ、ご出席いただきありがとうございます。

私は、本日の司会を担当させていただく○○部○○課の(自分の名前)です。

本日は、どうぞよろしくお願いいたします。

本日の会議の議題は「〜について」でございます。

すでに、議題についての資料は、メールにて送信させていただいておりますので、さっそくですが、本題に入らせていただきます。

我が社では、現在、「〜」という問題のある事例が数多く発生し、それに伴って、消費者からのクレームが増加しています。

これまでは、消費者へ事後的に個別対応することで何とかしてきました。

しかし、今後の発生を未然に防ぐための予防措置や、発生した場合の対応処置についての基準を決定する必要があるように思います。

近年は、リスクマネジメントに失敗してブランド価値を落とす会社が多く見受けられますので、弊社でも危機感を持って臨みたいと考えております。

本日の会議は、2時間程予定しております。出席者の皆さんはお忙しいと思いますので、時間を厳守したいと存じます。
どうぞご協力をお願いいたします。

なお、討議を実りあるものにするために、私のほうから、発言の指名等をさせていただくことがございますが、ご了承ください。

では、最初の議題につきましては、○○課の○○課長からご説明をいただいて、討議を始めさせていただきます。

では、○○課長、よろしくお願いします。

会議の終わりの挨拶

そろそろ予定の時間になりました。

本日のテーマについての結論も見えてきましたので、本日の会議のまとめをさせていただきますが、よろしいでしょうか。

これまでの議論を整理しますと、すべての部署で、議題Aについては協力できることがわかりました。

しかし、議題Bに関しては、考え方の違いが明確になり、さらに議論を詰める必要があることがわかりました。

議題Aについての今後の具体的作業とスケジュールにつきましては、先程、皆様で議論したとおりとさせて頂きます。
ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

また、本日の討議内容の詳細については、議事録として取りまとめ次第、のちほど、メールにて送信させていただきます。

そして議題Bつきましては、次回の会議にて、さらに検討を重ねるたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

本日は、長時間、ご協力くださいまして、ありがとうございました。

お陰さまで、お約束どおりの時間に会議を終了することができました。

次回の開催が近づきましたら、皆様にメールにてお知らせいたしますので、重ねてよろしくお願いいたします。

本日は、誠にありがとうございました。

10月 14th, 2016 by