Category: コラム

8月 19th, 2016 by arnold

チャレンジ精神とは、できるかどうか不確実なものに挑む気持ちを持っていることです。

就活などにおいて『チャレンジ精神』は長所と言える特徴なのですが、違う角度から見ると、短所といえる面もあると考えられます。

失敗がつきもの

たとえば、チャレンジをしていれば失敗が付き物です。

プライベートであれば失敗を繰り返しても問題ありませんが、仕事では、いつも失敗ばかりしていては、会社に迷惑をかけてしまいます。

目標が高すぎたり、自分の能力ではとても無理な課題に取り組んだりすることは避けなければなりません。

チャレンジ精神が旺盛すぎると、失敗の多さがデメリット(短所)と言える場合が出てくるということです。

周囲の反感を買う可能性あり

チャレンジ精神が旺盛な人は、世の中や組織を観察する力に優れており、何か「おかしい」と問題意識を持ちやすい傾向があります。

このような人は、いままで意識すること無く当たり前のように従っていたルールに対して、疑問を投げかけることができます。

そして、問題点を明らかにして、それを正しい方向に導こうと行動(チャレンジ)を開始せずにはいられなくなります。

チャレンジ精神が、ルールなど既存のもの変えようとすることに発揮されると、周囲の人々によく思われない(ストレスを与える)場合があります。

チャレンジ精神を発揮できないときにストレスになる

チャレンジ精神は、発揮できる環境があってこそ価値を持ちます。

たとえば、自由に意見を交換し合える職場であったり、他人の意見を尊重できる環境があったり、新しいことをみんなでチャレンジしてみようと思う心を持ち合わせていたりする職場である必要があります。

そうでないと、せっかくチャレンジしようというアイデアがあっても、上司に潰されてしまったり、会社の方針と違うからとNOを突きつけられたりしているうちに、チャレンジしたいと思わなくなってしまいます。

どんどんチャレンジしていける環境が無いと、本人がストレスを溜め込んでしまいます。

Posted in コラム