Category: 短所の例文

image
8月 22nd, 2016 by arnold

神経質なところを短所(弱み)としたときの例文と、長所への言い換え例を紹介します。


例文

わたしは神経質なところがあり、些細なことにこだわってしまうことがあります。

学校のレポートでは、誤字脱字などのミスを無くしたいと思い、一度見直した後、何度も見直してしまいます。

ミスを恐れているわけでは無いのですが、やるからには完璧を目指したいという性格です。

普通の人よりミスは減らせますが、その分、限られた時間や労力を大きく使ってしまうような気がしていますので、仕事では短所になる場面が出てくるのではないかと考えています。


長所への言い換え例

神経質さは、スケジュ-ルの把握や、顧客への接待など、細やかな仕事に必要な能力です。

ミスが許されない世界では、その能力を発揮することができます。

 

神経質は、「几帳面」、「正確」といった能力の裏返しですから、それを活かすことのできる仕事を選択するとよいでしょう。

Posted in 短所の例文

8月 21st, 2016 by arnold

凝り性なところを短所(弱み)とした例文と、長所への言い換え例を紹介します。


例文

わたしは凝り性なところが短所だと自覚しています。

何かをやり始めると、中途半端が嫌いなため、とことんやり抜きますが、脇目もふらずに没頭するところが、短所だと思います。

たとえば、わたしは昨年から一眼レフカメラで撮影を趣味で始めたのですが、のめり込んでしまい、いろいろなレンズを購入して、コンテストに作品を応募するまでになり、最近では、レンズの保管庫まで購入した次第です。

しかし、カメラに時間を割きすぎて、以前から取り組んでいた簿記の資格試験の勉強時間が少なくなってしまった時期がありました。

このとき、自分は、意識して物事の両立を図るのが苦手なのかもしれないと思いました。

いまは、このときの経験から、趣味であれ何であれ、ひとつのことに時間や神経を集中させすぎないようにしたいと考えるように注意しています。


長所への言い換え例

凝り性な人は、裏を返せば「手を抜かない」、「粘り強い」、「完璧さを求める」などの特徴を併せ持っていると言えます。

これらの特徴は、長所とも捉えることができ、凝り性な人は、たとえば、ミスの許されない仕事に向いているでしょう。

Posted in 短所の例文

image
7月 5th, 2016 by arnold

視野の狭さを短所(弱み)のキーワードにした短所の例文を紹介します。

また、視野が狭いことの長所への言い換え例も紹介します。


例文

私は、「視野が狭い」と感じることがあります。

仕事や日常生活の中で、色々な角度から物事を冷静に検討することが苦手なのではないかと思います。


長所への言い換え例

視野が狭いということは、身の回りのことに気を奪われることが少ないということですので、考え方によっては、集中して効率よく作業を行うことができると言えます。

また、視野の狭い人は、探究心が豊富であるとともに、自分が深く理解している得意分野を持っているケースが多いため、仕事にその知識を活かしたり、知識を得る過程で身につけた思考力を活かしたりすることができるでしょう。

以上のように、視野の狭さは、集中力や、探究心、思考力などと言い換えて、長所としてアピールすることができます。

Posted in 短所の例文

image
6月 14th, 2016 by arnold

細かいことに執着するをキーワードにした短所の例文を紹介します。


例文1

私は細部にこだわるクセがあります。

レポートを制作した時は、締め切りの最後まで見直しをしていました。

つまり、時間を効率よく使うのが苦手です。

今後、ある程度のところで見切りをつけ、時間を効率よく使えるようになれば良いと考えています。

ただし一方で、努力の成果を認めてもらえることもあるので、悪いことばかりではないような気はしています。


例文2

私は細かいところがあり、集団行動では、比較的、「神経質」と思われてしまうときがあります。

周囲の人間にプレッシャーを与えてしまうことがあるため、メリハリをつけ、適材適所で細かさを発揮していくことが課題です。


例文3

私はやや詳細なところにこだわる傾向があります。

責任のある仕事であるほど、細かいところにまで熱くなってしまいます。

大きな視点で見ることを心がけて、短所をカバーできるよう視野を広く持ちつつ、周りに気を配りたいと思います。

Posted in 短所の例文

image
6月 14th, 2016 by arnold

動き出しが遅いことをキーワードにした短所の例文と、長所への言い換え例を紹介します。


例文

私は、動き出しが遅いところを短所と捉えています。

はじめに、しっかりとした計画を練ろうとするため、作業に取り掛かるのが遅くなってしまうのです。

しかし、会社での活動では、機敏な動きが求められると思いますので、いかに動き出しを早くするかが今後の課題だと考えています。

段取りを素早く決め、実行に移していくことを心がけていきます。


長所への言い換え例

初動が遅いのは、単に段取りの力が不足していると捉えられがちです。

しかし、段取り力に問題がない場合は、業務の背景や相手の要求する内容をきちんと確認することに時間をかけている場合があります。

つまり、正確な仕事をしたいという思いが強いため、作業の準備に時間をかけてしまうとも言えます。

よって、行動が遅いことは、丁寧さ、慎重さなどの長所へと言い換えることができます。

丁寧さや慎重さを持っている人は、仕事において、職場の同僚や上司、さらには取引先に信頼のできる人物という印象を与えますので、会社にとってプラスとなる特徴と言えるでしょう。

Posted in 短所の例文

image
6月 14th, 2016 by arnold

プレッシャーに弱いをキーワードにした短所の例文と長所への言い換え例を紹介します。


例文1

私はプレッシャーに弱いところがあります。

たとえば、テニスの試合で、大事なサーブだと考えると、いつも練習では入るサーブを外してしまいます。

現在は、これを克服するため、「自分はできる」と言い聞かせています。

また、「相手も緊張しているのだ」と考えるようにして、自分を落ち着けるように努力しています。

例文2

私はゼミのプレゼンテーションや講義の発表などで、成功させたいと思うあまり、不安を感じたり、緊張したりしてしまう性格です。

しかし、不安や緊張に負けないように努力をしたいという気持ちが強く、頑張る事ができますので、悪いことばかりではないと感じています。


長所への言い換え例

プレッシャーに弱いということは、緊張して力が発揮できないことを意味しますが、これは、よく言えば、仕事などに対して「責任感が強い」「理想が高い」といえるでしょう。

また、「こうあるべき」との目標意識がはっきりとしていることの裏返しでもあります。

 

Posted in 短所の例文

image
6月 14th, 2016 by arnold

集中しすぎるをキーワードにした短所の例文を紹介と、長所への言い換え例を紹介します。


例文

勉強やレポート作成のときなどのデスクワークの際、いったん1つのことに取り組み始めると、他のことが見えなくなってしまい、つい時間を忘れてしまうことが短所です。

対策として、作業を始めてから30分後にタイマーを鳴らすようにセットして時間を意識するようにするなどの工夫をしています。


長所への言い換え例

過度な集中は、時と場合により、メリットとなる場合があります。

「集中しすぎる」とは、様々なことに気を奪われることなく、1つのことに集中して取り組めることです。

学習であれば、理解を深めることが出来ますし、作業であれば、効率よく終わらせることができる場合があります。

すなわち、作業が素早く終わらせられたり、物事への理解が深められたりするメリットがあると言えます。

Posted in 短所の例文

image
6月 14th, 2016 by arnold

責任感が強すぎる(1人で抱え込む)をキーワードにした短所の例文を2つ紹介します。

また、責任感が強いことの長所への言い換え例も紹介します。


例文1

私は責任感が強いせいか、任された仕事に対して全力で取り組めるのですが、一方で、メリハリをつけて上手にこなすことが苦手です。。

また、自分で解決しなければと思いがちなので、問題を一人で抱え込んでしまう傾向があります。

ですので、なるべく、問題が発生したら一人で抱え込まず、周りの人を頼るように心がけています。


例文2

私の悪いクセは、周りに迷惑をかけたくないという思いから、自分だけで課題を解決しようとしがちなところです。

ただ、最近、プライベートで起きた問題で、自分1人ではどうしようもないことを、友人に相談することで、いままでは思い付かなかったようなアイデアを提案してもらえたことがあります。

今は、これがきっかけとなり、周囲の力を借りることも、選択肢の一つなのだと意識することができてきます。


長所への言い換え例

責任感が強い人は、仕事を一人でやろうとしたり、仕事の大部分を自分でやろうとしたりします。

これは、『自分でやるべきだ』、『人任せにできない』といった使命感があることが原因です。

しかし、これは、よく言えば、仕事に真面目に取り組んでいる、あるいは、仕事に真摯に取り組んでいると言えます。

つまり、仕事に熱心に取り組める長所があるということです。

なお、仕事を一人で抱え込む場合、それでもうまくいっているときは良いのですが、その責任感のせいで仕事が遅れたり、パフォーマンスが落ちてしまっては、会社にとってはデメリットになるため、問題になってしまいます。

したがって、面接の時は、責任感の強さがデメリットと思われないように、周囲の人へ協力を求める姿勢を忘れていないことをアピールしておく必要があります。

Posted in 短所の例文

image
6月 14th, 2016 by arnold

せっかちをキーワードにした短所の例文を紹介します。


例文

アルバイトのときに感じたのですが、仕事を手早く片付けたいという思いにかられ、スピードを優先することが多々ありました。

そのせいで、せっかちに思われることが多く、この点は短所といえると思います。

これから社会人になるにあたり、正確な仕事を心掛けていきたいと思います。

Posted in 短所の例文

image
6月 14th, 2016 by arnold

頑固をキーワードにした短所(弱み)の例文を紹介します。

また、頑固の長所への言い換え例も紹介します。


例文1

私は、目標や課題を達成するためには妥協しない性格です。

そんな性格ですので、周囲からは頑固と言われることがありますが、いつも心がけているのは、個人プレーをして、迷惑をかけることはしないことです。

仕事はチームですることをアルバイトの経験から十分に理解していますので、社会人として、短所を意識しながら適切な行動をとっていきたいと思っています。

例文2

私は自分の価値観を大切にするところがあり、価値観の対立が起きたときに譲らないため、頑固だという印象を与えてしまう短所があります。

学生まではそれで良かったのかもしれないですが、社会人になれば、周りの人たちとの妥協点を探る努力が必要になると思います。

このことを常に意識して、自分の短所をカバーしていきたいと思っています。


長所への言い換え例

頑固とは、「成し遂げるために努力できる」、「決して諦めない」という意味があります。

これは、強靭な精神を持っている、すなわち「意志が強い」と言えるでしょう。

 

Posted in 短所の例文

Portrait of a gorgeous young woman sitting on the floor with her legs crossed against a white wall and smiling
6月 14th, 2016 by arnold

おせっかいをキーワードにした短所の例文と、長所への言い換え例を紹介します。


例文

短所ですが、これまで、自分では親切でしたつもりのことが、後で聞くと「おせっかい」と思われていたというケースが何回かありました。

最近は、自分の意見を押し付けるのではなく、まず第一に、相手の考えを聞いて、相手の考えに沿ったアドバイスができるよう気をつけています。


長所への言い換え例

おせっかいということは、他人への関心や興味が強いことを意味します。

したがって、「世話好き」「面倒見がいい」「気が効く」などのポジティブな側面を持ち合わせている場合があります。

Posted in 短所の例文

image
6月 7th, 2016 by arnold

「真面目すぎる」を短所(弱み)にした例文を紹介します。

また、「真面目すぎる」を長所に言い換えた例も紹介します。


例文1

人からよく言われるのですが、私の短所は、真面目すぎることだと思います。

私は、何事も、たとえ時間が掛かっても、最後まで粘り強くやり抜くことをモットーにしています。

友人などからは、気楽に構えた方が良いと助言されることがあります。


例文2

私は生真面目で、作業に時間をかけてしまうことがあります。

たとえば塾でアルバイトをしていますが、書類作りや文書作成で、「間違いをしないように」と思い確認を重ねてしまいます。

真面目さが、かえって周囲に不安を与えてしまうことがあります。


長所への言い換え例

「真面目すぎる」ということは、良く言えば、「物事に丁寧に取り組むタイプ」と言えます。

また、神経質になって仕事が遅くなってしまうというデメリットはあるものの、「確認を怠らない」という信頼される素質を持っていると言えます。

Posted in 短所の例文

image
6月 6th, 2016 by arnold

「控えめ」や「遠慮がち」を短所(弱み)にした例文を紹介します。

さらに、「控えめ」や「遠慮がち」の長所への言い換え例も紹介します。


例文

私の短所は遠慮がちなところです。

相手の話をよく聞こうとして、自分が発言する機会が減ってしまったり、自分の意見や考えを後回しにしたりしてしまうところがあり、この点が短所だと認識しています。


長所への言い換え例

遠慮がちな人や控えめな人は、自己主張が強くないことから、相手の話をよく聞き、相手の言いたいことを慎重に考えることができます。

つまり、「聞き上手」や「謙虚」という良い面を併せ持っていることが多いようです。

また、控えめな人は緊張しやすい性格でもあるため、相手に「裏表がない」、「誠実」、「信頼性がある」という印象を与えられるメリットがあります。

Posted in 短所の例文

593661
6月 6th, 2016 by arnold

就職活動の面接などで使える「短気」を短所(弱み)とした例文を紹介します。

また、「短気」の長所への言い換え例も紹介します。


例文1

私は自分のことを、よく「短気だ」と感じます。

目の前の課題がうまく処理できないときに比較的、ストレスを感じる傾向があります。

短所をカバーできるよう、中長期的な視野を持つよう心掛けています。


例文2

私の短所は、やや短気なところです。

よく言えば「江戸っ子気質」ですが、一方で、「短気は損気」と言われているので、つねに冷静でありたいと考えています。

最近は、メンタルコントロールに興味を持ち、不満や怒りなどのネガティブな感情が沸き起こらないようにする思考法を取り入れています。


例文3

私は少し短気であると自覚しており、人に少し厳しく当たってしまうことがあります。

社会人としては、あまり良くない短所ですので、近頃は、怒りを感じたときに一呼吸置いてから怒りの原因を相手に上手く伝えるように意識しています。

たとえば、アルバイトで、仕事をサボっていた後輩を見つけた瞬間、イライラして怒りそうになったのですが、怒りの原因が忙しさにあることに気づき、「手伝って欲しい」と後輩に言うことで、平静でいられました。


長所への言い換え例

「短気」は、ストレスを感じやすいことが原因です。

これは、よく言えば、ささいなことに反応する「敏感さ」があると言えます。

周囲の人の言動にも敏感であることは、「観察力」や「人に気を遣える」という長所につながります。

Posted in 短所の例文

AdobeStock_77998656
6月 6th, 2016 by arnold

「心配性」を短所(弱み)にした短所の例文を紹介します。

さらに、「心配性」を長所に言い換えた場合の例を紹介します。


例文1

私は心配性なところが短所です。

大学の課題でレポートをつくるときなどには、細かいことを気にしすぎてしまいます。

親友からは「重要なところに力を入れたほうがよい」と、日々、指摘されています。

現在は心配しすぎるクセを直すため、完璧主義やめるよう意識し、徐々に実践しています。


例文2

私の心配性な性格で、短所と感じています。

たとえば、コンビニのアルバイトで、レジでおつりの金額を数えるときに、レジに並んでいる人が多いときでも、時間をかけて2回や3回も確認してしまうことがありました。

先月、他のスタッフから注意されたことから、現在は、必要以上に確認をしないようにしています。

この性格はなかなか変えられないかもしれませんが、今後、社会人として仕事をするうえで、必要以上の心配を切り捨てる努力をしていきたいと思っています。


長所への言い換え例

心配症な人は、物事に必要以上に手間をかけてしまうことが多い反面、慎重に物事を進めていくことができます。

したがって、仕事に「正確さ」や「丁寧さ」を発揮できるため、この点が長所といえるでしょう。

また、リスク意識が高いため、リスクに敏感に気づくことができる「リスクマネジメント能力」も持ち合わせているとも言えます。

Posted in 短所の例文